ナチュラルホーム 暮らしに満ちる雑貨店。
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

うつし鏡

2017年4月7日

Aromatherapy, 暮らしの心理学

P1020009 (2)

 

ストレスを感じるとき

日々、あたりまえのように原因を外に探してしまいますが…

そうするまえに

自分のなかで消してしまいましょう。楽ですよ…。

いらいらすると…自分を傷つけますから。

 

 

アロマには…

①リラックスしながらも 元気でいられる香りと

②元気な部分も リラックスさせる香り

があります。

上手に使い分けると

自分のなかでストレスを消すことができます。

大切なのは 時間帯。

 

仕事に 家事に 子育てに

体を使うときには 心をリラックスさせながら

元気でいられる①を用います。

 

そして、一日の疲れを充分にいやし

副交感神経を健やかに育てるためには

夜眠るときに 体も心も 深いリラクゼーションに入る

②を用います。

 

①と②がうまく作用して 自律が整い…

精神的にも強くなるのです。

けれども、ここでの強いの意味は 力があふれるということではなく

外的ストレスを海のようにのみこむような…柔軟性をもつこと。

 

 

人はもともと

昔は日が昇り 働き始め

日が沈む前に物事を終わらせて

眠りにつく日常でしたから、

こんな風に必要なアロマではなかったでしょう…。

 

でも、今は…いろいろな刺激物があり

眠らない日常になっています。

 

そして

この世にまとった 心技体が興奮しすぎて

安らぐ術を失いがちになりました。

 

頭で考えすぎて

こころを弱らせているのでしょうね…。

 

なので、

どんなときも 安らいでいられる

体と心を身につけるために

ぜひ アロマを日常にお使いください。

ご相談はこちらからお申し込みください。


CALENDAR

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PROFILE

profile

 

Natural Home主宰

makiko

 

 

リメイク・ハンドメイドによる制作活動

2008年より 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売開始

2015年、実店舗

Atelier すみっこもさきっぽ

 

インテリアコーディネーター

ガーデンコーディネーター

アロマテラピスト