ナチュラルホーム 暮らしに満ちる雑貨店。
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

みえるもの

2017年9月25日

event, 風水リフォーム

DSC_8222

 

先日、ご紹介しましたボディポテンシャルトレーニング

負荷をかけずに ゆるゆると筋肉を意識して動かすことに惹かれて

個人レッスンをしてもらうのが、もったいなくて

ワークショップとして公表した流れなのですが…。

 

なんと 2階、部屋いっぱいの応募をいただきました。

ありがとうございました。 5台は車がおけると想いますが

大きなお車に乗っていたなぁ…と記憶していますので、

一応、駐車場をお隣様に借りる予定です。

それでも、足りませんので

ご近所の方は 申し訳ありませんが、徒歩・自転車でお越しくださいませ。

雨のときはお迎えにあがります。

 

 

*****

さて、今日の風水浄化の出張でのできごと。

天井の色が軽やかで…浄化もすぐに終わり、

どうしてかな…とひそかに想っていましたら

 

お客様から、その部分が解決したことをお伺いして

感覚的にぴったりで

お客様と声髙に喜びあって鳥肌が立ちました。

気の流れがよくなると お家のなかでも深呼吸ができますね。

 

 

いつも身内に私の言葉はわかりにくいと言われて、

自信を見失ってしまいますが、

この感覚だけは わたしのなかで安心していられます。

風水浄化を続けてきてよかった…と、嬉しい一日でした。

 

みえるものは みえるもののままに感じることが大切。

*****

まわりのものが そのままにうけとれます。

 

 

先日、ある会話が聞こえてきました。

「○○さんの歩き方がとてもきれいなんですよ…。

見習わなくちゃ…って思いました。」

「そうでしょ~~~あの子、歩くの遅いよね~~~。」

「いや…」

「そうそう…早く歩けっていってるのにね~。」

「・・・・・」

 

会話が成り立っていないという問題ではないな…と

謙遜でもないな…と

 

生きてきた中で

知らず知らず…予測不可能な不安を抱え続けていると

褒めた言葉を 受け入れる隙間に蓋をしてしまいます。

 

ずっと満たされることなく ぽっかりと穴があいている状態になり

愛情ある言葉を聞く耳さえなくなります。

さらに たまに安らぐとき

その蓋が空くと渇望がでてきて 感情をゆらします。

 

子どもを褒められているのに

こういう風に記憶してしまって

家で伝えて 子どもの仲がギグシャクしてしまう…。

渇望が…知らぬ間にお子さまを引き込んでいます。

 

幾度も遠くから眺めて まわり道して解いてきました。

 

母が 子どもを低めて 誰が満足するのでしょうか…?

母が 子どもを高めすぎると 誰が苦しくなるのでしょうか?

 

母も子も すべての人が究極の対等でいい…

血に関係なく 新しい人として信じるだけです。

 

先に生まれた、後に生まれたで判断していると

これからのほんものの感性の時代が にせものしか見れずどんどん苦しくなります。

そんな常識は水に流してしまいましょう。

 

ふと自分かな…と想った方も

そうでない方も

すぐに愛情をうけとる許可を自分に与えてください。

それだけで楽になります。

 

つぶやいて こころも からだも ゆるませるだけ…。

頑張っているあなたにこそ やってもらいたいな…と想います。


CALENDAR

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PROFILE

profile

 

Natural Home主宰

makiko

 

 

リメイク・ハンドメイドによる制作活動

2008年より 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売開始

2015年、実店舗

Atelier すみっこもさきっぽ

 

インテリアコーディネーター

ガーデンコーディネーター

アロマテラピスト