ナチュラルホーム 暮らしに満ちる雑貨店。
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

テキトー母さんのススメ

2017年4月15日

暮らしの心理学

DSC_0020

 

トキワマンサクが咲き始めました。

街路樹にこの色をみつけたら、

太陽に透かして見てください。

彩りをこころにとめるだけで、

幸せに一日を送れます。

 

 

DSC_0886

 

昨日は…

穴口恵子さんにお逢いしました。

広い世界を何も知らずに向かったので

すべてに初めまして…のことばかりでした。

 

 

人込みNG

男性NG

不特定多数の前で話すことNG

…男性の大声が…特にNG

何度も帰ろうかな…という出来事多く

でも、お隣に座ってくれた方々がとても素敵な女性だったため

なんとか山越えして、楽しく終えました。

 

 

1492206577318 (2)

話は がらりと変わって

子育てのご相談が増えてきたので、

暮らしに役立つ心理学を…ひとつ。

 

夕方のワンシーンを思い浮かべてください。

 

お母さんが家事をしながら怒っています。

 

 

お母さんは 疲れや悩みを置いといて

家事をしなければなりません。

 

 

すべてを抑えて 精一杯…仕事をしています。

 

 

それを察した優しい子供は

「どうしたの?」

 

お母さんは

「なんでもない」と答えます。

はい!

でも、優しい子には…上のカードのような顔に

みえるそうです。

母、がんばったのに ひえ~~~ですよね。

 

まだ反対に空気を読まずに

「ごはん、まだ~~」と聞くお子さんに

「今、作ってる!!」と怒ったほうが

マシ…かもしれません。

 

この違いは何だと思いますか?

 

 

 

疲れや 悩みの深さが違うのです。

 

我慢の度合いが違うからなのです。

 

 

 

 

 

 

この絵は禅タロットといいまして、持論では

裏表のあるカード。

でも、

 

その「裏も表もぜんぶ偽り」…というの人の殻の絵です。

 

 

真のあなたは 本当は優しいのです。

私はここで悩んでいる方に出逢って…思います。

作り笑いも こころで泣いてる顔も 怒り顔も

ぜんぶ…すべて偽りの殻。

 

こうしなければいけない状況…

そこを上手に削いでいくこと

(=テキトー母さん)をおススメします。

 

「いやぁ…疲れすぎて」とか

「怒れることがあって…落ち着いたら話すね」とか

すなおに言えたらいいですね…。

 

 

あ、会話が成り立たない!というならば、

問題が違うところにありますから…それも、大丈夫。

 

 

 

ちなみに

たいそうなことを言っている私は愚母、

テキトー母さんの代表です。

当然、ママとか お母さんとか

呼ばれません。

証明するかの如く、うちで私は

 

「マリンコ」です。

 

正確には「マリィンコ」

(…発音までお伝えできず、至極残念)

 

これまでに 呼び名は変わってきましたが、今はこれ。

…由来は割愛。

休みは 顔をかじられたアンパンマンなので力なく

家事は 愛女と才女が頑張ってくれました。なので

顔が焼きあがったころ、アロママッサージをお返ししたりして

こころはマックス、豊かに暮らしています。

 

愛女。なので…ひとり暮らしもスイスイ。(笑)

 

 

最後に怒り方を…

怒ってもいい…怒ってもいいですが、

でも、誰に怒っているか…怒り方を間違えると

今の感受性の強いお子さんには

親の愛を 偽りととらえることになります。

積み重なる前に…癒してくださいね。

 

 

家族、生きている時代は違うけれども、

こころの上下関係ない世界にありたいです…。

 

テキトー母さん万歳!

がんばりすぎが染みついている女性におススメです。

 

今日は久しぶりの休み

顔が焼きあがるのを待ちながら…。

 


CALENDAR

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PROFILE

profile

 

Natural Home主宰

makiko

 

 

リメイク・ハンドメイドによる制作活動

2008年より 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売開始

2015年、実店舗

Atelier すみっこもさきっぽ

 

インテリアコーディネーター

ガーデンコーディネーター

アロマテラピスト