ナチュラルホーム 暮らしに満ちる雑貨店。
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

優しいおわりかた

2017年3月29日

ひとりごと, 暮らしの心理学

DSC_0003

 

皆さん、少なからずおわりを迎える季節。

 

有終の美を飾る

…という言葉があるけれども

世の中、そんな立派なおわりかたばかりではないですよね…。

 

人それぞれに 心の動き方が違うのだから…。

 

自分のなかで頑張った…としても

他人の見方が違うこともある。

 

だから私はいつも

自分に優しい終わりかたであれば、いいと…

遠い空へ想います。

 

 

1488631638707

 

私がしている仕事は お店のほかに

住宅リフォーム会社の経理・庶務全般をしています。

このたび、退職の運びとなりました。

といいましても 環境が変わるだけで

住宅リフォームで担当させていただきましたお客様

インテリア・風水のコーディネートも

そのまま、業務上の流れは同じです。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、それにまつわり

暮らしに役立つ心理的な出来事がありました。

退職の話も一方的なものでしたが

この先、もう何も心を動かさないと決めたので…。

仕方のないことだと…受け入れました。

(私の気質は「9」ですし…笑)

 

 

ただ ここ数日、

会社外部の方は その水面下がみえないので

無理なできことが

一気に押し寄せる日々…体はひとつ。

それでも、目の前のできることだけを大切に

こなしていけば、なんてことはない…と。

 

でも、

世の中、空間を破壊する人もいます。

必要なことだとは思っているのですが

不覚にも 心痛めてしまって…。

 

必殺、ぼ~~~~~~~~~~っと作戦(瞑想)

やっぱり、孤独は自分に優しい…。

 

 

そこで見方をかえて眺めてみる

自分を

相手を

物事を

自然をもってみつめてみる

がんばって…

カフカのように

みすゞのように

 

 

 

ふと思い立って…

業務上、連絡した先の方に 状況をすなおに伺ってみたら

まったく違った意見をいただき 心が軽くなったのです。

 

 

問題がおこる→

起こった出来事が伝わる→

そこに

その人の価値観が加わる→

曲がって事実が伝わる。

 

そうか、そうか。

私は間違っていなかった…。

ただ その人の価値観が苦しかっただけ。

 

大丈夫、大丈夫。

まだ心はある。

って…理解して

アウトプットして

私の場合、アイリスブレンドの香りをまとい終わります。

 

 

皆様も

トラブルがあったとき…

是非、がんばって違う角度でみてください。

どうしてもできないという方も

少し、見方を変えるだけで 実は自分が救われます。

 

問題は違う場所にあります。

 

 

 

静かにつながる力から

明日を優しいものへ変えてもらい

今日をおやすみなさい。

…とできますよ。

 


CALENDAR

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PROFILE

profile

 

Natural Home主宰

makiko

 

 

リメイク・ハンドメイドによる制作活動

2008年より 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売開始

2015年、実店舗

Atelier すみっこもさきっぽ

 

インテリアコーディネーター

ガーデンコーディネーター

アロマテラピスト