ナチュラルホーム 暮らしのよろず屋*服飾アトリエ*レンタルスペース
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

声をかけられる

2018年5月2日

伝えたいこと

DSC_9275

 

お仕事でもなく

初対面に近い方が 私の前で泣いていました。

そして、笑っていました。

 

私の仕事を知らないので

ご本人は あれっあれっ…て驚いて…すっきり。

後日、好転した連絡をいただきました。

 

人は抱え込まずに 然るべきところで話すのが一番ですね。

 

 

 

そんなこんなで話はかわり

可愛い妹分に呼ばれて

名古屋を何度も縦断する日は

 

「寂しさ」のありどころをよく話しました。

 

子育てが終わったとか

妙齢の恋愛

熟年夫婦のすれ違い

日常で熟した寂しさって…

仕事より厳しい。

 

 

人とつながれば、解決できるのだけれども

その前の それぞれの寂しい気持ちが

つながる前に 蓋をしておかしくさせてしまう…。

 

自分だけのルール 見栄 常識 などなど

他の何かで埋めようとしたり

気持ちを感じないように 抑え続けたり

寂しいというだけで 甘いといわれる…世の中

二人でいても 寂しさが増すときもありますね。

 

叶わぬ想いを抱える大人がいっぱい…でも、

それが人間、不完全で美しい…です。

スピリチュアルな世界では 手放せといいますが、

味わってからのが人間らしい…と想います。

 

 

カウンセラーをしている私は くよくよ人間です。

完全なる不完全体

 

なんの特技もありませんが

「こころ映し」だけは長けています。

たまに 学びが深くなるときもあります。

 

この二週間、突き動かされるように

調べものをさせられる感じ…で

学んで 学んで パソコンに要点を打ち込んだら

シ~~~ンとした自分に戻れて…。

ほへ~~クライアントさんの上の方はすごいなぁ…とか。

 

 

ゴールも 目的もなく存在しているだけ。

過去の居場所より今は 安住の地。

 

夢でうなされたりしても

過去の記憶にふりまわされないように

自分のこころを大切にできる決定権は

自分にあると言い聞かせましょ。

 

…大丈夫。

 

寂しさは 逢わずとも「自分と 他人の和」を感じましょう。

他人は 自分と違うのだと理解し、

一方通行から 循環へ 心をシフトすれば

穏やかなつながりは 生まれてきます。

 

切れた縁も

途絶えたと思い込んでいるのは あなただけかもしれません。

そう想って、明日にでも

逢いたい人に逢えるように 連絡してみてください。


CALENDAR

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

PROFILE

profile

Natural Home主宰

makiko

暮らしのセラピスト

 

アロマカウンセリング

服飾作家

(オーダー服・再生リメイク・舞台衣装

たまにイベント出店)

風水浄化リフォーム

 

 

 

*経歴*

22歳より住宅・店舗の内装建築業

1999年 長女出産後 独立

2002年 次女出産後 住宅リフォーム会社設立

どこでも子連れで仕事する

2008~2017年 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売

 

2015年、実店舗 ナチュラルホーム

Atelier すみっこもさきっぽ

 

2017年、住宅リフォーム会社退職

レンタルスペース開始

2018年 東山サロン公開

 

暮らしを様々な角度からサポートしています。