ナチュラルホーム 暮らしのよろず屋*服飾アトリエ*レンタルスペース
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

待つ時間

2018年3月4日

創作日記

DSC_9247

 

 

母を生きてきて

何が残ったかといえば…

 

待つチカラだけだと想う

 

 

彼女が生まれてきてからというもの

一緒に歩くために

ゆっくりと足を運ぶようになった

ゆっくりと空を見上げるようになった

 

みつめあい

笑いあい

一緒に悩んで 泣きあって

他の心のために気をつかうようになった

 

親になるということは

私の時は止まれど

いのちが分け与えられていくような感覚がある

 

自分がどんなに足りなくても

親を生きているのだ

 

 

 

この写真は娘が撮ったものです。

とにかく集中すると周りが見えない(笑)

お~~~い

お~~~い

待てど暮らせど

自分の世界に入ったまま…

 

でも、現像したものに絶句

あんなに楽しそうに撮っていたのに

同じトーンで物事を視ている写真…

 

申し訳のないものを教えてしまったと…

親として懺悔していました。

 

 

だれも支えてくれない厳しい環境で

私は自分を置いてきぼりにして

必死に明るく装い、好きな事をさせてきたけれど

その証がこれだと…

 

彼女の世界はもっと

我が強くいてもいいのに…

世の無常を知り尽くして撮っている

 

大人になったのでしょうか…

それでも 私よりも優れているものがたくさんあるから

良しとしよう

 

 

親には限界があります。模範的に…としても

足りないところはある。

それも 役割のうちなのでしょう…。

すべては 自然のなりゆきに任せていきましょうか

 

DSC_9152

 

 

福寿草

大切なものは

大切なほど

待てるものですね。

 

 

1519653653574

さて、おとめ座の満月がすぎて

静かなお店に戻りました。

多くのお問い合わせをありがとうございます。

 

素のままの私に戻って

着物のリメイクと舞台衣装の創作に入ります。

 


CALENDAR

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

PROFILE

profile

Natural Home主宰

makiko

暮らしのセラピスト

 

アロマカウンセリング

服飾作家

(オーダー服・再生リメイク・舞台衣装

たまにイベント出店)

風水浄化リフォーム

 

 

 

*経歴*

22歳より住宅・店舗の内装建築業

1999年 長女出産後 独立

2002年 次女出産後 住宅リフォーム会社設立

どこでも子連れで仕事する

2008~2017年 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売

 

2015年、実店舗 ナチュラルホーム

Atelier すみっこもさきっぽ

 

2017年、住宅リフォーム会社退職

レンタルスペース開始

2018年 東山サロン公開

 

暮らしを様々な角度からサポートしています。