ナチュラルホーム 暮らしに満ちる雑貨店。
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

本棚は心のなか

2017年4月13日

今日のこと, 暮らしの心理学

DSC_0061-2 (2)

 

午前中は お客様と話しながら、衣裳づくりをしていました。

 

 

人間力の学び…

あなたも少しやってみますか?

 

 

「あなたの自分の歩みを書いてください」

 

「呼吸するようにできる。人と違うところはなんですか?」

 

 

強味とかを知るのではなく…

ささやかなことでも ここがわかると

人との交わりのなか、心が落ち着いて

焦りなく、

働ける…勉強できる…生活できる

…そうです。

 

 

いま、生きづらいと思っている方も

試しに考えてみてくださいね。

 

あなたらしさは

誰にも侵されない領域です。

 

親にも

 

伴侶にも

 

自分自身にも

 

 

 

あらためて考えてみないと

パッといえることができませんね。

 

 

人は自分のことって

深くまでわかってないことがあります。

 

 

1491219064954

 

住宅リフォームの仕事をしていて

インテリアの好みをお伺いするとき、よくありました。

 

 

好みをお伺いしてもはっきりしない…

 

たとえ、自分の好みをもっていても

その時の流行や

人がいいと思うものを選ぶ方が多いです。

 

 

 

そこで私は 手っ取り早く ちろりと

そのお宅の本棚をみてみます。

 

 

人の本棚はどうなっていると思いますか?

 

 

その人の心のなかが よくわかるのですよ。

 

 

ちなみに

うちの本棚は バラエティーに富んでいます。

 

 

最近、旅立った娘の残した本は

なんとも面白いものばかり

行きもしない旅の本(笑)

作りもしない料理の本(笑)

愛情あふれた でも、カフカっぽい精神論

特に 文芸方面のチョイスが

哲学者めいていて面白いのです。

 

たとえば、そんな方には多彩なインテリアを提案します。

愛情あふれる温かな色あいの

ルールのないアート風とか…(笑)

 

 

下の娘の本棚は

爽やかな風がふくような…

まだ若葉キラキラした本が

ずらずら量だけは並んでいます。

 

何でもいい!って 人のことを考えながら、

ナチュラルなインテリアがいいに決まってます。(笑)

 

うちは

そんな自由と静寂が共存しているインテリアです。

 

無意識に勉強をするように…

かつ、くつろげるように…(笑)

 

 

 

 

あなたも…

あなたらしい歩みと ともに暮らしてください。

 

自分を知ることで

自分を大切にする意味がわかります。

 

 

 

 

 

今日は お客様が帰られた後

嬉しいご報告がありました。

女性は何歳になっても

いえ、何歳なんて関係なく

艶あるできごとは 悦びのひとつです。

 

 

 

その中に 信頼が生まれれば、

今までの悲しい恋愛ファイルが全部上書きされます。

女性は強いですね。

 

 

あ、強すぎるTちゃん、ゴールは「信頼」ですよ!

Tちゃんのお友達、もうそろそろ大丈夫、GO!ですよ。

業務連絡でした(笑)

 

 

もうひとつ、

困窮する母の声もありました。

昔馴染みから、なんですけれど…。

 

9が11を育てている意義がわからないから

困窮するのはあたり前だけれども、

本人にしてみれば…を考えると 一緒に泣けてきます。

 

 

ギリギリまで我慢して、いろいろ試みて

頑張って 頑張ってきたのに うまくいかないって

悲鳴に聞こえる話。

 

 

私は娘と出逢った意味を知る機会に恵まれました。

のびのび…らしく、試練もかわし、生きています。

 

同じような組み合わせの出逢いに

彼女の本能が助けを呼んで、私を求めてきたのでしょう…

だから、惜しむことなく

私のもつすべてのいろいろな暮らしのツールを提案した次第です。

 

結果、最後はバカ笑いで終わりました。

すっきりしたかな?(笑)

 

 

お子様の良いところを伸ばすのは

あたりまえのことですが、実は

弱いと勘違いしている部分が

そのお子様の強靭な途になります。

 

ただ…お子様とお話しする前に

お母さまに確認をしています。

 

 

「カウンセリング方法はふたつあります。」

 

「やさしく すべてを包み込むようにカウンセリングしたほうがいいですか?」

 

「それとも お母さまに代わって厳しくコーチングしたほうがいいですか?」

 

…と。

 

 

今日も話終わるとともに

娘さんと話をすることになり、

一応、確認してみました。

 

母の答えは 「やさしく…で。」でした。

ま、昔の私を知っているから、当たり前の回答ですが…(笑)

 

 

やっぱり、毎日、どんなに葛藤して

ガミガミ怒り散らかしていても(母談)

子どもが大好きなんですよ。

放置プレイしても

子どもを愛しまくっているのです。

 

 

いや、私は違うわよ。

…というお母さまほど、べったりと…。

 

いや、僕は違う!というお父様ほど、

いつまでも 手元に置いておきたいほど、

べた惚れしています。

 

立派な暮らしの心理学です。

諦めてください。(笑)

そして、笑いましょ。

 

 

今日は、あっというまのお店での時間でした。

明日の準備がもう少し…

 

何があったか…は また後日。


CALENDAR

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PROFILE

profile

 

Natural Home主宰

makiko

 

 

リメイク・ハンドメイドによる制作活動

2008年より 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売開始

2015年、実店舗

Atelier すみっこもさきっぽ

 

インテリアコーディネーター

ガーデンコーディネーター

アロマテラピスト