ナチュラルホーム 暮らしのよろず屋*服飾アトリエ*レンタルスペース
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

清らかに

2017年12月27日

創作日記, 暮らしの心理学

P1020829

 

 

雪まじりの朝。寒さが足先を凍らせますね…。

でも、お店に入ってストーブに火をいれるとき

なぜだか幸せな気分になります。

 

のせていたお芋がとろとろになった頃、

今年、最後のかわいいお客様がいらっしゃったので

ほこほこしながら、わけあいました。

 

 

ホホバオイルと蜜蝋のハンドクリームが

この年末年始、このクリームが水仕事でかさつく肌を

優しく潤ってくれますように…。

ありがとうございました。

 

 

DSC_9828

 

 

見あげてばかりいると

上から引き上げてくれるみたい

今日も清らかに…。

 

お店で話ししていると

まわりに広がっている空気が変わる瞬間があります。

 

 

先日、小さな体なのに こんなに我慢強い人がいるのだ…と

ご相談をうけて 背中を触っているうちに 泣けてくることがあります。

そして 表面の皮がみえなくなり

奥にちゃんとある愛が綺麗にみえてくる…。

どうしたらいいか…がみえてくる…。

 

P1000935

 

我慢の仕方を間違えていて もうどうしていいのか

まったく見えなくなってしまうのは無理ないこと…。

 

 

この「我慢」の度合いが 人それぞれに違いすぎるのです。

 

 

針でちょんとさしただけで この世の終わりのように騒ぐ感性の方もいれば

こころが死ぬ間際まで騒がない方もいる…。

自分軸と 他人軸の違いも 関わってくるし

生きてきた途の不陸によっても 感じ方は様々…。

 

 

通り抜けたら、見えてくるものは別の世界です。

 

すべてに試してもらいたいのは イメージすること。

向きあわなくてはならない困難を またはその対象となる人を

キラキラの光で包みこんで あなたと同化することです。

 

あたまのなかだけでできるうちに してみてください。

 

それが…

イメージもできないほど我慢しすぎたときは

その場からいったん逃げてもいい…

何かのせいにせず 見あげていれば、引き上げてくれる出来事があります。

 

 

通り抜けたら、何をみても幸せな気分になれる…。

そこに負の感情など、まったくありません。

すべては 自分のために…許すために…ですね。

 

今日もお疲れさま…少しでも癒されますように…。

 


CALENDAR

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PROFILE

profile

Natural Home主宰

makiko

暮らしのセラピスト

 

アロマカウンセリング

服飾作家

(オーダー服・再生リメイク・舞台衣装

たまにイベント出店)

風水浄化リフォーム

 

 

 

*経歴*

22歳より住宅・店舗の内装建築業

1999年 長女出産後 独立

2002年 次女出産後 住宅リフォーム会社設立

どこでも子連れで仕事する

2008~2017年 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売

 

2015年、実店舗 ナチュラルホーム

Atelier すみっこもさきっぽ

 

2017年、住宅リフォーム会社退職

レンタルスペース開始

2018年 東山サロン公開

 

暮らしを様々な角度からサポートしています。