ナチュラルホーム 暮らしのよろず屋*服飾アトリエ*レンタルスペース
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

生まれて泣く日

2017年11月15日

大切なこと

_20171029_082224

 

運転しながら 泣いた日はありますか?

 

私は…服の製作に必要なものの仕入れへ

車に乗り込んだ時、久しぶりの音がなって泣いてしまいました。

 

***

このお店ができたとき

はじめて品物を買っていただいたお客様がいらっしゃいます。

 

それは 私が患ったとき 持病を支えてくれた Sさん。

素敵な方で とにかく心がかっこよくて 今も美しい人です。

 

何故だかある日、連絡してもつながらなくなって

試行錯誤したのですが、同時に私にも

いろいろ勃発して…途絶えてしまいました。

 

勝手ながら、励まされているのを感じていたので

自分は自分で助けないと誰が助けるんだ…と覚悟し、

持病と闘い…2年。

先月、病院から卒業。

 

あれは…私にとって なんだったのだろう…と

考えさせるものでしたが…ひとくぎり。

 

そして

久しぶりのアイコンに

懐かしい言葉。

 

大のおとなが わ~~~わ~~~泣いてしまいました。

ほんとに嬉しかった…。無事じゃないけど無事で良かった。

 

途絶えたのには それだけの理由が水面下であり

いろいろな出来事のカタチは違えど

つながっている魂は 同じ波で生きている…

人生の実りはどこに向かうのか…深さにふるえますね。

 

でも…「 心ふるえる情 」でつながるから

私たちは 闇を…光を…抱ける。

 

 

だからこそ…

今、ひとりだと想っても ひとりじゃない。

 

で…この後、持てそうもないほどの布地を

ひとりで抱えて…お店に向かいました。

 

ひとりでも ひとりじゃない。

 

神さま…って そばにいる。

お互いに ゆっくり生きましょう。

生かしていきましょう。


CALENDAR

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

PROFILE

profile

Natural Home主宰

makiko

暮らしのセラピスト

 

アロマカウンセリング

服飾作家

(オーダー服・再生リメイク・舞台衣装

たまにイベント出店)

風水浄化リフォーム

 

 

 

*経歴*

22歳より住宅・店舗の内装建築業

1999年 長女出産後 独立

2002年 次女出産後 住宅リフォーム会社設立

どこでも子連れで仕事する

2008~2017年 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売

 

2015年、実店舗 ナチュラルホーム

Atelier すみっこもさきっぽ

 

2017年、住宅リフォーム会社退職

レンタルスペース開始

2018年 東山サロン公開

 

暮らしを様々な角度からサポートしています。