ナチュラルホーム 暮らしのよろず屋*服飾アトリエ*レンタルスペース
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

褒美の弦

2017年5月5日

ひとりごと

DSC_1294

 

3周年企画で100人ぐらいと話しても

泉が枯れなくなったら…神さまはご褒美を降らせてくれた…。

 

 

きっかけは…

先月のある集まり。

 

 

スキルに拘りすぎて…こころを置いてきがちな話題の渦。

豊かさの質をはき違えるグレイな息づかい。

もう空気を吸うこともできなくなる…。

 

 

この世界は

スキルではない。

秀でることでもなく。

比べることでもない。

 

 

ただ…何も持たず…

何も考えず、受け入れる…と。

 

 

暗闇を歩いていたときは 綺麗ごとだと想っていた。

けれども…

 

 

人生の岐路にたったとき

何も持たない美しい出逢いが重なって

同化したら…すべての見方が変わった…。

 

 

私はこの先

時の流れにあわせて どんなカタチになろうとも

己の真の琴線に従うと覚悟している。

 

変わらぬ生業

その人がナチュラルにいられる暮らし探し…。

受け入れて

現実化して

歩む途を軽やかにすること

 

 

故に ぶれないものか…と己を試した。

100人ほど受け入れて 様々な曇りの先の光に集中してみた。

 

 

そうしたら…

違う角度から 真の豊かさに辿り着いた。

生まれながらにして 空を詠み 地を愛した偏屈の意味は

ここにあったのだ…と。

 

 

今、できる限りの言葉に表せば

 

 

個は個のままでいて

つながらずしてといえど ある部分でつながって

光が舞いあがるように 広がる空間を味わえるものだと。

 

 

そんな 2017年5月3日に感謝します。

 

 

赦し続ける私の果て

「しあわせ」の音が降りそそぎ

 

何も持たない ゾルバブッダ

奏でる響き この聞こえない耳に

羽衣が舞うような光がみえました。

 

音が線で空に消えていく…

口笛が胸に落ちていく…

 

 

これからも

豊かさを はき違えず

手のひらから こころを伝えて

生きよう。

 

空に描き

樹に話しかけ

地に眠り

 

くりかえし

くりかえし

 

息途絶えるまで…。

 

もう二度と 生まれ変わらぬように…。

 

 

 

 

 


CALENDAR

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

PROFILE

profile

Natural Home主宰

makiko

暮らしのセラピスト

 

アロマカウンセリング

服飾作家

(オーダー服・再生リメイク・舞台衣装

たまにイベント出店)

風水浄化リフォーム

 

 

 

*経歴*

22歳より住宅・店舗の内装建築業

1999年 長女出産後 独立

2002年 次女出産後 住宅リフォーム会社設立

どこでも子連れで仕事する

2008~2017年 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売

 

2015年、実店舗 ナチュラルホーム

Atelier すみっこもさきっぽ

 

2017年、住宅リフォーム会社退職

レンタルスペース開始

2018年 東山サロン公開

 

暮らしを様々な角度からサポートしています。