ナチュラルホーム 暮らしのよろず屋*服飾アトリエ*レンタルスペース
やわらかな風吹く川沿いで 和らぎのひとときをお届けします。

すみっこもさきっぽ

atelier「すみっこもさきっぽ」
作家さんのこと…
日々のこと…

Garden Remake

2016年2月25日

natural home

P1020235

明日から…このコンクリート部分を色付け工事に入ります。

「地に風水を感じる Garden Remake」

お家の外観と共鳴できる色あいで…和らぐように

テラコッタコンテナに銀葉を添えたり

欠けたレンガを古いブロックにとけこませたりして

翠豊かなアプローチへ 衣替えする外構工事。

一部分をハツリますので、

ご近所の方々…大変ご迷惑をおかけいたします。

何卒よろしくお願い致します。

チンクエ・テッレを創る

clothes, すみっこもさきっぽ

チンクエ・テッレ

今週も…からだに合わせた洋服のお直し。

美しい依頼をありがとうございます。

 

Iさん、実は…お逢いした頃から、ご説明したような大きな波にのまれまして

布地探しに苦戦しておりました。

 

それが…

先日の仕事中…舞台衣裳製作の先生とお話しのなかで

色あいの調合をどうしているか…がでました。

イメージを表現するのに 駆使するのが布地の「彩り」

 

絵の具ならパレットの上で生みだせて

写真なら瞳に映る彩りを フィルターを通して現像できる…

布地では…???が私自身、他の方がどうしているか…を知りませんでした。

完全自己流だったので…

 

染めるとか…

重ねて深める…とか…

造花をあしらえるとか…

照明があたると質感が重要だったり…、とても実りあるお話が伺えました。

どんな方でも 経験を ひとつ ひとつ積み重ねていくことが大切で…

 

何度も当たっても 見つからない布地は

創ればいい…と、いうことで

ゆっくり染めて、パッチワークしています。

 

そして…

シフォンジョーゼットのスカートも

肌が綺麗に映るマーメイドピンクに アンティークレースをパッチワークしています。

 

舞台衣装を日常で 味わえるように

前者は「プルチネルラ」後者は「金平糖」って感じでしょうか…

からだが想うように動かなくても…

こうして明るく楽しむことができる…幸せをありがとうございます。

CALENDAR

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

PROFILE

profile

Natural Home主宰

makiko

暮らしのセラピスト

 

アロマカウンセリング

服飾作家

風水浄化リフォーム

 

 

 

*経歴*

22歳より住宅・店舗の内装建築業

1999年 長女出産後 独立

2002年 次女出産後 住宅リフォーム会社設立

どこでも子連れで仕事する

2008~2017年 愛・地球博記念公園内にて

雑貨委託販売

 

2015年、実店舗 ナチュラルホーム

Atelier すみっこもさきっぽ

 

2017年、住宅リフォーム会社退職

レンタルスペース開始

2018年 東山サロン公開

 

暮らしを様々な角度からサポートしています。